1. ホーム
  2. お茶とアロエの効果

お茶の健康効果

お茶には体にいい様々な効果があります。

抗菌・虫歯予防

お茶

虫歯は原因菌であるミュータンス菌が歯垢とともに歯の表面に付着し、酸を発することによって起こります。
お茶のカテキンには原因菌の増殖を抑える力があると知られています。
食中毒や胃潰瘍や胃がんの原因といわれるピロリ菌などの増殖抑制効果や、インフルエンザ予防にも高い威力を発揮することも。
お茶でうがいをするといい理由はこの抗菌力にあります。

悪玉コレステロールの抑制に

お茶

コレステロールには体に良い『善玉コレステロール』と体に悪い『悪玉コレステロール』の2種類があります。
血中の悪玉コレステロールが高いと動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞の原因になることも。
「緑茶を多く飲む人ほど血中コレステロール値が低い」という調査結果もあります。
緑茶のカテキンには食事中のコレステロールを吸収する作用があるからです。

がん予防に

ハチミツ

お茶に含まれる茶ポルフェノールにはガンの進行を抑える作用があると言われています。
特にエピガロカテキンガレートというカテキン成分が、がん細胞の表面にあるタンパク質を刺激し、細胞が分断させ死滅させる、との研究も発表されています。
お茶の産地として有名な静岡県「藤枝市」や「掛川市」はがん死亡率が全国的にも少なく、緑茶が長寿を保つ秘訣とも言えるかもしれません。

アロエの効果

アロエは大昔から『医者要らず』と呼ばれてきました。
古代ギリシャやエジプトで万能薬と使われてきました。中国でも漢方薬として活躍してきました。
アロエには独特の苦味がありますが、その苦味にこそアロエ本来のパワーが詰まっています。

白米

苦味の正体は『アロイン』という成分。
この成分には胃を丈夫にする健胃作用、便秘を解消させる瀉下作用が認められています。
他にもアロエには以下の作用があると言われています。

収れん 肌のキメを整え、傷の痛みを軽減する。
保湿 肌荒れを防いで肌をしっとり保つ。
創傷治癒促進 傷や傷んだ肌を
抗菌作用 細菌から体や肌を守る
消炎作用 傷や日焼け、火傷などの炎症を和らげる
血行促進 肌の血行を良くします
緩下作用 腸内を刺激し、便を排出しやすくします
瀉下作用 下剤のように排便を促す
お問い合わせ・商品のお取り寄せはお気軽に TEL:054-258-6607
メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP

お茶とアロエの効果

お問い合わせはこちら

カナディアン静岡へのご意見・ご質問
「サラダティー」のご注文は下記まで
お気軽にご連絡下さい。

TEL:054-258-6607FAX:054-258-9984